男女

効果的なイタチ駆除を行なう方法は駆除業者に頼る❘プロの業

増えるアライグマ

作業員

子どもの絵本に可愛らしく登場しそうなアライグマは、本来日本で生息していなかった動物です。その可愛い見た目に人気を増し、ペットとして一般住宅にて飼われたことが日本でもアライグマを見掛けるキッカケになりました。しかし、子どものうちは大人しいアライグマは、成獣になると凶暴な性格になっていきます。歯も生え揃って爪が伸びた状態で襲われるとするどい引っかき傷を残されてしまうでしょう。ペットとして扱えないと判断されたアライグマは自然に帰され、今では野生動物として繁殖を続けています。そんなアライグマが近年、住宅外に姿を現してさまざまな被害を生んでいると言われています。雑食の動物なので、農家の農作物なども食い荒らしてしまうでしょう。子どもを産む為に年始めから妊娠する傾向が強く、その時期になると余計に栄養を求めて被害範囲が広がっていきます。アライグマは罠を仕掛けて捕らえるという方法もありますが、引っ掛かるまでに長いときには1ヶ月要することもあるので、アライグマ駆除業者を呼んだ方が早いと言えます。高いアライグマ駆除効果を期待できます。

アライグマ駆除業者は、有効的だとされる忌避剤や電気柵を用いてアライグマが縄張りとしている地域から追い出し捕獲してくれます。電気柵は体に衝撃を与えるので、それがトラウマとなり、二度とその地域へ足を踏み入れなくなるでしょう。保護法によって守られているアライグマを捕獲する為には自治体による捕獲許可を取得する必要がありますが、捕獲技術がなければ、思うように捕らえられません。その為、確実に捕獲できるアライグマ駆除業者の需要は今後も高まり続けると言われています。